1. トップページ
  2. 子育て・自分育てに活かす / ハートフル子育てIdea Box
  3. 思春期
乳幼児期学童期思春期

娘の男性との交際に関して、どう対応するべきか迷います

高1の娘は、中三のころから同級生の男子と付き合い始めました。高校生ともなれば、ボーイフレンドがいるのもごく普通のことだとは思います。ところが、彼が遊びに来て、二人で部屋に閉じこもっていると、なんだか気になって仕方がありません。 私の子ども時代とは違うことも分かりますが、年ごろの子どもの交際を親はどうとらえればいいのでしょうか。

お嬢さんの答えをどう導くかを考えましょう

いやはや、本当に気になりますね。不思議なもので、ボーイフレンドがいなくても心配で、いたらもっと心配で。しかも答えは一つではありません。家族の数だけ、いえ、親の数だけ答えはあります。そしてもっと重要な答えは、お嬢さん自身の答えです。そこで、ここでは、お嬢さんの答えをどう導くかを考えましょう。
時代が違うとはいえ、高校生男女の交際はいつの時代も注意が必要です。精神的な影響も気がかりですが、性的な関係を持つのではないかと心配は膨らみます。その場合、妊娠や感染症など、今後の二人の人生において、何らかの負担になるような結果になることを親は怖れます。ただし、もしお嬢さんが自分の将来に対して夢を持ち、自分が将来なしうることに対して期待をしているとすれば、そして性的なことに関しても知識を持っていれば、彼女は自分の身を自分で守れます。そのうえで、男性との付き合いも人生の経験として楽しむことができます。つまり、親が今、彼女に対してすることは、単にオロオロと心配することではなく、正しい知識を持っているかの確認と、彼女がメンタルにどういう状態にいるかを確認し、親子の信頼を強化することでしょう。できることを整理しましょう。

交際を認める
彼女の思いを尊重して、交際に対して批判的な態度を取らないよう意識しましょう。お嬢さんは反対されていると感じると、隠れて会うようになります。そうすると親の影響力は薄れていきます。できるだけオープンに付き合ってもらいたいものです。

性について話し合いましょう
それなりの知識は持っていると思いますが、興味本位のものかもしれません。性の現実を話してください。妊娠のこと、避妊のこと、避妊に失敗するとどうなるかなど現実的に話してください。また感染症の危険も話した方がいいでしょう。

率直に親の思いを伝える
親のころとは違って、今は高校生ともなると性的な体験をするのは珍しいことでもない、、、と変に納得して、言うべきことを言わずにいるのは賢明ではありません。女性の先輩として、彼女の将来を思い、男性との付き合いを賢く楽しむこと、自分を傷つけるようなことはしないでほしいということ、心から愛していること、大切に思っていることを伝えましょう。

決めごとを確認する
男性との付き合いがあるなしにかかわらず、高校生であれば親との約束事があると思います。門限や外泊に関することなど、そのルールは家族のマナーとして守るよう求めましょう。 そして後はお嬢さんに任せることです。

素敵な交際になるといいですね。