ハートフルコーチの泣き笑い日記

日々の発見やつぶやきなど。

今この瞬間を楽しむこと


それぞれの立場で


9歳の決断


言葉がなくても


「小食さん」の子育て 終わってみて今思うこと


★ 第10回 オンライン・ホッとカフェのご案内 ★
【日時】2022年5月7日(土)10〜12時
【参加費】無料
【方法】オンライン(ZOOMを使用します)
【お申し込み】

https://ssl.form-mailer.jp/fms/0760cb20739594


菅原裕子や執筆コーチたちと、「思春期以降の親の役割」について気軽に語り合いませんか?
好評の日記 「愛することの正体、発見?!」を話の糸口に、読んで感じたことや知りたくなったことをおしゃべりします。
おみやげに、軽やかな気持ちや関わり方のヒントをお持ち帰りいただけます。
 ※ 前回までのカフェの様子⇒こちら
★★★

兵庫の羽木です。

田中さんの投稿を読んで、自分がいいと思うことを無意識に押し付けていることは、子どもに対してだけじゃないな、気を付けなくては、とあらためて思いました。

今回は小食な子の子育てについて、書いてみたいと思います。
息子は、いつも成長曲線の下限を下回る小柄でやせっぽちな子どもでした。
2022年04月25日(月) No.561 (日記)

母としての気付き、子としての気付き


★★★ 第10回 オンライン・ホッとカフェのご案内 ★★★

【日時】2022年5月7日(土)10〜12時
【参加費】無料
【方法】オンライン(ZOOMを使用します)
【お申し込み】

https://ssl.form-mailer.jp/fms/0760cb20739594


ある日の日記を題材に、菅原裕子や執筆コーチと語り合うこのカフェ。
今回のテーマは「思春期以降の親の役割」。取り上げる日記は 「愛することの正体、発見?!」です。
親元を離れ大学生活を送る長男への「不安」や「心配」を乗り越える過程を追いました。
読んで感じたことや知りたくなったことをざっくばらんに語り合って、視野を広げにいらっしゃいませんか?
 ※ 前回までの様子はこちらでお読みいただけます。

★★★

大阪の田中です。
寄り添い聴ききる準備ができている、なんて力強い言葉でしょう。小林さんと娘さんのこれからに、心からエールを送りたいです。

先日、娘とコーヒーショップへ行ったときのことです。カウンターで注文したコーヒーができあがってくるのを待つ間に、娘に「どこでもいいから席をとっておいて」とお願いしました。
コーヒーができあがって娘が居るところを探すと、隅っこの狭い二人席に座っています。ここのコーヒーショップは池に面して大きなガラス窓のあるところで、景色のよい窓側の席が人気です。その日は時間帯のせいか店内は空いていて、いつも人気の窓側の席もあいていました。
快晴で景色も抜群に良い日です。「せっかくだからあっちの席に移らない?」と言いかけて、その言葉をぐっと飲み込みました。私が子どものころ、何度か同じ状況になったことを思い出したからです。
2022年04月18日(月) No.560 (日記)

「ママなんて、だいっきらい」の行く先


凹凸のある私を受け入れられたのは・・・


だから今、耳を傾ける


今この瞬間を大切に


初めてバトンを受け取り、緊張と共にワクワクしている、渡海です。
岩田さんの「子供が母としての成長を助けてくれる」、本当にそうだなあと思いました。

梅の香がほんのり漂い、見上げると紅白の梅の花が咲き誇り、春の訪れを感じる今日この頃。 ちょうど一年前、中3だった息子は高校受験を終えました。
第一志望の学校に受かり、家族で大喜びして盛大にお祝いはしたものの・・・・・・。 明るい未来への希望とは裏腹に、私を覆っていた気持ちは『不安と心配』でした。
「まず、朝同じ時間に起きられるの?」
「朝早く電車に乗り、1時間かけて毎日通えるの?」
「単位取得が厳しく進級にシビアな高専。同級生の二割が留年・退学、息子は大丈夫?」

彼は、中学受験をきっかけに、小学6年から中学3年の間、学校に安定して通うことができません でした。集団生活に対する不適応と、起立性調節障害に苦しみ、朝から学校に安定して行けた日 は、数える位の中学生活でした。
そんな彼だったので、単位取得の厳しい5年制の高専に遅刻せず、毎日1時間かけて通うことができるのか? 厳しいと聞く授業の単位をとり、進級できるのか?・・・・と、とても不安で心配だったのです。

あれから、一年。
自らの足で力強く歩みだし、高校生活を満喫する彼が、今、目の前にいます。
2022年03月21日(月) No.556 (日記)